FC2ブログ

小さなトリコ

優しく 温かく そっと暮らしに寄り添うようなモノを 羊毛フェルトで。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ☆2013 フィンランド滞在記
CATEGORY ≫ ☆2013 フィンランド滞在記
≪ 前ページ       

*5* フィンランド3日目



昨年訪れたフィンランドを
ゆっくりじっくり振り返っております。

前回までの投稿にも
写真を多数追加しましたので、
よかったら見てみてくださいね。




2013.10.27.Sun
滞在3日目

その日は朝 目が覚めたら霧も晴れて
少し日差しがありました。

せっかくなのでと
観光名所、世界遺産の
『スオメンリンナ要塞』へ
ティナが連れて行ってくれる事に。

ヘルシンキ中心街からすぐの港から
フェリーで15分ほどの島。
ここでもトラムのカードが使えました。

DSC00871.jpg
船内の様子


広島でいうなら、
宮島に行く感覚に近いのかなと思います。
地元の人たちは、
春になったらピクニックに来るらしいです。

島に着いた頃には、濃霧.....
そして、さ、寒い........
ダウンジャケットにしっかり助けてもらいました。

要塞の中をぐるりと見て回りました。
城好きにはたまらん箇所がいっぱい。


IMG_8205.jpg

IMG_8208.jpg
フィンランドのかもめは
「かもめ食堂」のご紹介通り
確かにぷっくりして大きかった!

雀もぷっくりしていたなあ。

IMG_8189.jpg
要塞の一番奥の方で、
日本人女性に遭遇!!

彼女は
北欧20日間の旅ツアーで北欧巡りをされてきて、
その日が最終日とのことでした。

フィンランドの古い歴史のある場所で
しかも濃霧の中。
日本の方に出会えたことにジーンとしてしまいました。
後日、メールを頂き、またまた感動。
ご縁って素晴らしいですね。




さて、
そもそも 私のこの旅の目的は
本物のフィンランドを見てくること。
触れてくること。
そして、
フィンランドの羊毛フェルトに出会うことでした。

最初からティナにはそう伝えていたので、
彼女もとても親身になって動いてくれました。
そして、ティナの友人たちも。

この島の中を巡っている間にも
連絡をとってくれていて

ついに!!

羊毛フェルトを小学生たちに教えているという先生に
繋がりました。

IMG_8197.jpg

ティナがその先生に直接電話で話をしてくれ、
(フィンランド語で)
今夜なら と会ってもらえることに!!

なんてついてるんでしょう。

そして何より


フィンランドの人って本当ーーーにいい人!!



寒いせいで
あまり表情には出せてなかったかもしれませんが
大感激の大興奮!!!!!

この日この島の観光客の中で
感情の振り切れ方は
ナンバーワンだったはず。笑

DSC00873.jpg
ものすごく甘いキャラメルみたいなお菓子と
ホットコーヒーが
冷えた全身に染み渡ります。
ほっ



それからいったん家に帰り
腹ごしらえをし
先生との待ち合わせ場所へ。


想像していたより
ずっと若くてかわいくて
素敵な先生!


Ms. Maija (マイヤ)先生。

私は嬉しさと緊張で当分固まってしまう。

歳は私よりずいぶん若いと思われます。

これで自分より年上だったら
さらに緊張していただろうな。

歳とってて よかったと思えました。笑



フェルトといっても私が主にやっている
針を使うニードルフェルトではなく

水などを使うやり方を教えてもらえることになったので

場所も広い場所でなければと、
先生のご実家へ。
ありがたい!

トラムで20分ほど揺られた閑静な地。
すぐ裏に林があるようなところでした。

とてもオープンな方で
家中を案内してくれて
リビングから、
先生の子供の頃からの部屋、
物置まで。

一家で手芸がお好きのようで
いろんな手芸グッズが至る所に♪

そして三姉妹とのことで、とても親近感。
ちなみに先生は末っ子さん。



コーヒータイムでまず一息。
お土産に持っていった「白い恋人」を食べてもらい。
(フィンランドの人はやはりコーヒーが好きなようです。
白い恋人は友達にお勧めと聞き、成田空港で。)

こういうひと時は、
やはりどんな状況でも必要ですね。


フィンランドはサウナ発祥の地。
中心部以外では一軒に一つサウナがあるそうで、
(マンションにも共同サウナがあるそうです)
先生のご実家のサウナ室へ
案内してもらいました。


ひろーーい!
きれーーい!

落ち着いたナチュラル系色の
タイルばりのシャワールーム。

なんと
ここでいよいよフェルト作りに。


とても丁寧に、優しく教えてくださいました。
ビデオ撮影も快くOK。


ってことで
ずっとビデオにおさめてます。

しばらく文章ばかりでごめんなさい。




フェルト作りの心地よさと
先生の優しい声と手つき、
場所は
フィンランドの一般家庭のサウナ室。



私にとっては夢のようなひと時。


ドキドキ。


ビデオがブレないようにするのに必死でした。


たまに温度や感触を確かめるため

感覚を覚えるために
一緒に作らせてもらいました。


言葉にするのは本当にむずかしいけど…


フェルト作りをするときは
愛猫や愛犬を撫でる時のように
優しい気持ちになれることは
前から感じていました。


だけど

その優しい気持ちが
言葉の壁を越えて
フェルトを通して
こんなにも伝わるなんて…



震えました。

ずっと鳥肌。



本当に会いたかった人に
会えたんだと思いました。


私がフェルトを伝えていく中で
目標となる人ができました。




私もこんな風に
見ていて、
一緒にいて、
声を聞いて、
教えてもらって

すべてが
心地よく感じてもらえるように
なりたいなと思いました。


芯からの優しさを
言葉なしでも伝えられる人でいたいなと。



まだまだ修行が足りませんね。
頑張ります!


IMG_8218.jpg

最初にいれて頂いたコーヒーも
実は緊張のあまりほとんど飲めず…

IMG_8223.jpg

最後はどうにかリラックスして
先生と記念写真。

私 (152cm)と 背があまり変わらない!

IMG_8228.jpg
日本から持参した帽子をプレゼントしました。
(帽子は私の主人が手がけたもの)

とても喜んでくれて

ぐるぐる巻だった髪の毛をほどくと
こんなに長かったんだーーーの写真。


さりげなく
アーティスティックなヘアスタイルも
さすがですね。




胸いっぱいで

忙しい中つき合ってくれたティナにも
本当に感謝で


帰りのバスの中では
放心状態。

IMG_8231.jpg

IMG_8232.jpg
使い慣れているはずの
i-phoneで撮影もぶれてます。



ティナの家にかえって
家族とコンタクトをとり

安心させてくれる主人の言葉と
私の嬉しい気持ちは
上手い具合にリンク。


そして

古い言葉だけど
バタンQ でした。


ひとりニタニタしながら。









長くなりましたが
お付き合いありがとうございます。

第4日目へ続く。


*6* フィンランド4日目

長い間滞っておりすみませんでした。
楽しみにして下さった皆様
大変おまたせしました。

トリコのフィンランド滞在記第6回です。






その日は月曜日。
平日。

なんだか様子がへん・・・
と思ったら なんと
今日からウインタータイムとなるため
標準時が1時間ずれると・・・。
電化製品時計とiphone時計がずれてたわけだ。
iphoneはなにもいじらなくても
ちゃんと合わせてくれていました。

日本にはない貴重な時間を味わう。


週末は私にひたすら付き合ってくれていたTiinaも
お仕事モードへ 一気にシフトチェンジ。
朝から、電話やメールがしきりに鳴っていました。

なので私は朝から1人行動。

DSC00888.jpg
だいぶ街に慣れたので海沿いを歩いてみた。
寒い。薄暗い。車は朝なのにライトがついてます。
なんて
ビデオまわしながら
声は低いがテンション高めで
ひたすら独り言。笑

DSC00884.jpg
かもめ同様 日本のよりひと回り大きいスズメ。石畳。どこも清潔。

チェックしていたマーケット
DSC00881.jpg
Hietaluhden Kauppahallに行ったり。

DSC00883.jpg
レンガ作り素敵。

IMG_8233.jpg
平日だからか雨だったからかほとんど閉まっている

かもめ食堂の舞台になったお店
カハヴィラスオミの前を通ってみたり
IMG_8255.jpg
普通の通りにいきなり現れるかんじ。急がしそうだったので入らず…

アンティークのフレームや本を探しまわったり
IMG_8262.jpg

IMG_8398.jpg
はだしのげん!!広島出身のものがここにも存在することが嬉しい。

IMG_8261.jpg
ディスプレイに置いてある人形が気になる。

IMG_8280.jpg
古本屋さん、雰囲気が好き。

IMG_8279.jpg
落ち着く空間。

雑貨屋さんやセカンドショップ(古着屋さん)行ったり
IMG_8248.jpg
地元の赤ちゃん。 

IMG_8243.jpg
かわいい色合いのキッズルーム。

トラムから見えて気になっていたキッズのお店にも入ったり…
IMG_8284.jpg

街並もお店の中ももちろん撮影しまくりです。(お店では許可を得てからね)

IMG_8258.jpg
北欧らしい照明ショップ。

IMG_8266.jpg
アンティーク調照明ショップ。

IMG_8265.jpg
照明ショップ多いですね。

IMG_8275.jpg
私は「丸」いものが基本好きなのだけど、「街角」は好き。

IMG_8283.jpg
フラワー&グリーンショップ。

IMG_8285.jpg
雑誌など見て気になっていたデザイナーズショッピングセンター。

IMG_8286.jpg
看板が可愛かった。ソーイングショップかな。

IMG_8288.jpg
住宅の玄関まえにあるコレ。靴についた雪や泥を落とすものだそう。
ブラシがついてて手が汚れず便利!

IMG_8289.jpg
自転車さえオシャレに見えます。

IMG_8276.jpg
大胆な壁使いもいいですね。




メイン目的の手芸屋さんまで結構歩いたなあ。
もちろんずっと長靴でねん。笑


長くなったので続きに。


*7* フィンランド4日目続き

一番の目的地、手芸屋さん。

最初に行ったKamppiというショッピングモールの近くに
ありました。
フェルトを教えてくれた先生も御用達という
地元に愛されるお店。
その名もHOBBY POINT

IMG_8301.jpg

意外と名前も外観も素朴。

IMG_8302.jpg

だけどだけど!!
さすが!
ある物全てが私にとっては刺激的でした。
IMG_8303.jpg

IMG_8304.jpg
なかなか手に入らない色、道具も。


IMG_8305.jpg
大量の羊毛。結構 無造作に置かれている。

IMG_8308.jpg
色は少ないが、一束の量がすごい。

IMG_8309_20150830170750cb6.jpg
ロール売りまで!

IMG_8312.jpg
参考になるかわいい見本作品たち。

アドレナリン大放出で一人静かに興奮。
噛み締めるタイプなので。

日本製の(クローバー社の)道具を見た時は
声が出ました。すごーーーーー。
こんなとこまで日本製品ちゃんと来てる。認められてる。
思わず逆輸入しかけたが思いとどまる。ふ〜


何時間いたんだろう・・・
最後には購入予定のパーツを入念に検品していたので
「May I help you?」と心配して声かけてくれる人も。

こちらから商品について尋ねると
英語の話せない方だった。
けどやはりみなさん感じがいい。
底抜けの優しさが滲み出ている。

どこにいても居心地よく感じられる。

気づけば午後になっていて
タイムリミットが迫っていた。
ちゅ、昼食も忘れてた・・・

IMG_8315.jpg

大量の手芸材料購入で
レジのファンキーな鼻ピお姉さんもさすがに苦笑い。
手こずらせてごめんなさい。

予想外に
両手にたっぷりの大荷物になってしまい
時間も待ち合わせのギリギリになってしまい
ヘルシンキの街中をダッシュ!!

待ち合わせをしていたのは
先日バーで一緒にのんだMaija。
現地の小学6年生担任のスペイン語の先生をされている方。
そのバーでの会話の中で
サウナにいこうと誘ってくれたのです。

Hakanieminの近くで車で待ってくれていた。
ヘルシンキを離れ1時間ほどドライブ。
カナダ出身、英語圏の彼女の話は
半分くらいしか分からなかった…泣

運転がすこーし怖かったけど(内緒ね)
景色は新鮮で
だんだん夜になり
だんだん田舎になっていき
お友達を途中乗せて
お目当てのサウナへ。

せっかく日本から来たならと
きれいな新しいサウナではなく
古典的なスモークサウナにと。

Maijaと同じ小学校で英語を教えているアメリカ人のマリラさんと
その娘さんクリスティ−ナちゃん6歳が一緒に。
かっわいー。
うちの娘たちを思い出す。
会いたくなっちゃう。

けど真面目に修行中なのだと思い出す。
母頑張る。


すっかり暗くなった森の中。
まず小屋でお会計。

IMG_8332.jpg
今になって思うと
アナ雪に出てくるサウナつきの山小屋みたいなとこだった。


真っ暗で静かな森の中を歩いて進むと
どうやら小さな湖。
そして灯り。

IMG_8327.jpg

サウナハウスだ!
昼間はきっときれいな風景なんだろうな…

「ゆか、今は紅葉もないし、雪もないし、ちょうど何もない時期だよ」
とMaijaが話してくれた。残念。
次は景色を狙って来れたらなあ。

まあともかくサウナだけでもありがたいよね。

日本人はおらず、地元の人が毎日通っているようなところ。
ほんとテレビで見るような感じ。

小屋の一室に
水着の男女が型を寄せ合い
蒸気のなか
ふーふー言って我慢しながら座っている。

わたし、
念のため・・・と
日本からもう着ないようなスポーツ水着を
スーツケースに潜ませておいて本当によかった。
いい経験させてもらいました。

IMG_8318.jpg
暗い中湖に向かう私。

氷のように冷たい湖も体験できた。

本当に地元の人たちは
サウナ→湖→サウナ→湖と繰り返している。
泳ぐなんて、テレビのまんま。

すっかり身体は温まって  クリスティーナちゃんと談話。
IMG_8322.jpg

これまた潜ませておいた日本からのお土産(文房具など雑貨)を
すかさず取り出す。
IMG_8323.jpg
キティちゃんはフィンランドでも知名度たかい!
嬉しいなあ。
親子でとても喜んでくれました。
Maijaにも、生徒さんたちと分けてねと
文房具などのお土産を渡せました。

Made in Japan は北欧でも ちゃんと喜ばれる!

帰りに美味しいのよってMijaが
ドーナツを小屋の売店で買ってくれた。

IMG_8333.jpg
ほんと美味しかった。
ひさびさの食事だったし。笑


連れてってくれて本当にありがとう。



Maiyaのお部屋にも羊毛アニマル発見!ロバあたま!
IMG_8336.jpg
ほんとにたまたま!

帽子もプレゼントできました。
IMG_8334.jpg

アタマのサイズが大きいからとなかなか可愛い帽子に出会えなかったそう。
たまたまXLサイズでかわいいの持ってたのよね。
(こちらも主人デザインの)

似合ってる!

IMG_8339.jpg
Maijaのボーイフレンドと
今だけ親戚から預かっているという
アイリッシュセター犬のナナちゃん。

出会えてよかった。



Tiinaが仕事帰りに迎えにきてくれて電車で無事帰宅。
またスーパー行って夜ご飯を作る。
白菜、大根、なんかもあって驚き。

今日は私が家でごちそうすると
日本の鍋をご紹介。

野菜たっぷり
醤油ベースの
ベジタリアン仕様の豆乳入り鍋。
IMG_8341.jpg
作り方はもちろん簡単なのだけど…
熱心に聞いてました。

IMG_8360.jpg
日本から持参したポン酢もプレゼント。
左の醤油はTiinaが元々使ってたもの。
和食がヘルシーで好きらしい。

お腹いっぱい、胸いっぱい。

おやすみなさい。


次の日へ・・・

☆2013 フィンランド滞在記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

*8* フィンランド5日目


いよいよ最終日になりました。

8時におき朝食をたべ
荷造り仕上げを。

パッキングが上手とTiinaに褒められるほど
きっちりキレイに詰め込んだけど
大きなスーツケースとキャリーバッグ2つの荷物が
パンパンだった。 主に羊毛ね。

裏腹に
フィンランドやTiinaと早くもお別れだという寂しさと
子どもたちや主人に会いたい、日本が恋しい気持ちとが
混ざり合って
心は ぺしゃんこになりそうだった。


「悔いのないように・・・」との主人からの言葉を胸に
元気を奮い立たせる。

よし!

これは私にとって修行なのだから。
貴重な時間を与えてもらったのだから
決して無駄にできない。と。

仕事に向かうTiinaを送り
私も出かけることに。


IMG_8393.jpg
トラム駅にて。
見慣れたようなポスターもフィンランド語だと新鮮。


IMG_8394.jpg
街行く人も色使いや佇まいだけでも勉強になります。

IMG_8397.jpg
たくさんお世話になったトラム。
見た感じはこじんまりアンティークでしょ。中はハイテク。

IMG_8423.jpg
静かな落ち着いた車内。
次来た時はもっと遠くまでトラムの旅したいな。

IMG_8396.jpg
中央駅。常に人がいっぱい。
日本人もよく見かけました。



最終日の行き先に選んだのは
再びHakaniemin market hall。
心残りが一番強かったから。

marimekkoの洋服、帽子、端切れ布、
IMG_8403.jpg
マリメッコのフィッティングルームにて。

IMG_8401.jpg
気分があがり自撮り。ワンピースを購入。


IMG_8416.jpg
100%羊毛でできたブーツ、

お土産の品…


そして帰りに途中下車して
アアルトカフェに。
IMG_8426.jpg

「かもめ食堂」で ガッチャマンを歌ってた本屋さんの2階です。

ミーハーをひとりで。
IMG_8433.jpg
旅の最終にぴったりな場所。
marimekkoで買い物した時にもらった大きめサブバックが連れ。
旅の記録はメモでも残す。無印の紐付きスケッチ帳 丸1冊使いました。


IMG_8435.jpg
今回の旅で
意外にも唯一のひとりカフェ。
オープンサンド美味しかったです。

メニューは日本語もついてました。
映画の影響力ですね。

本屋さんは雰囲気だけ。

IMG_8444.jpg
最後の3番トラム。

IMG_8443.jpg
さようならエスプラナダ通り。

IMG_8440.jpg
さようならヘルシンキ。


大荷物を取りに家に帰ると
仕事を抜けてTiinaが待ってくれていた。
すこししんみりする。
私の娘たちへのお土産まで用意してくれてました。
(別投稿でご紹介しますね)

IMG_8446.jpg
マスコットを置いて帰りました。
意外と差し上げた皆さん 気に入ってくれてました。
Tiinaもこのまま鍵につけとくって。



IMG_8447.jpg
ベンツのタクシーで駅まで。

IMG_8448.jpg
タクシー車内からみる風景も新鮮でした。

Tiinaは駅のバス乗り場まで送ってくれました。

IMG_8449.jpg

本当にありがとう。

胸いっぱいで空港へ。


そしてまた友達と合流し日本へと。


「どうだった?5日もあったら暇になったでしょ」と友達がいうので

「え!? 時間が足りなくて長靴で街中ダッシュしたよ」と。

大笑いに。


IMG_8457.jpg
Tiinaも友達も好きだという
ヘルシンキのスーパーで買ったライススナック(ふわふわせんべいの薄味みたいな)を
ぽりぽり二人で食べながら

たっぷり旅の話を聞いてもらい
彼女の旅の話も聞きました。


おまけに
機内から生オーロラまで!!
これまた ひとりで大興奮。
遠くで小さくて写真にはうまく残せなかったけど・・・

すると友達
「この時期に見れるのはラッキーよ」
「オーロラ見た人は子宝に恵まれるジンクスがあるのよ」って。
知らなかった〜


そんなこんなで
最後まで無事に
修行の旅は終了しました。



次回は
お土産などの購入した品やなどをご紹介します。

他に気になることがあればリクエストしてくださいね。



     トリコ


☆2013 フィンランド滞在記 | Comments(-) | Trackbacks(-)
プロフィール

tolico.

Author:tolico.
Wool felt Tolico.(トリコ)です。
広島県広島市在住。
羊毛フェルトクリエイター。

羊毛フェルトで
優しく、温かく、
そっと暮らしに
寄り添うようなモノを
創っていけたらと思っています。

「フェルト部」という
レッスン(教室)を行っています。

オーダー制作、レッスンお問合せ
受付メールアドレス :
 mail@woolfelt-tolico.jp

instagram:
@wf.tolico (レッスン、日常など)
@wool_felt_tolico.(作品のみ)

Facebook page:
@Wool felt Tolico.

よろしくお願い致します。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ